転職時、自分のマイナス面をプラスに考える

転職活動において自分をアピールしようと思っても自分の中でマイナスイメージだと思っているものがあると、それが不安材料となり不安な転職活動をすることになってしまいます。しかし不安なまま転職活動をしていて自分に自信がなくなり、上手くいく転職活動も上手くいかなくなってしまいます。そこで今回は代表的な転職活動の際のマイナスイメージだと思われそうなものをプラスに考えていきたいと思います。

経験不足

まず転職者を企業が採用するということは経験者を求めていることも少なくありません。ですが経験が不足しているからといって自分を卑下しても経験不足であることには変わりはありません。そこでこの経験不足を逆に生かしていきましょう。経験者というのは即戦力となってくれるので企業側には重宝されます。 しかし経験者はある程度自分の仕事の進め方が決まっているので、転職先でのやり方に対応できず衝突してしまうリスクもあります。ところがこれが未経験者や経験が不足している人ならば時間とお金はかかりますが、一から仕事を覚えてもらうことができます。ですから経験不足をマイナスだと思わず一から仕事を覚える意気込みをアピールしましょう。

転職回数の多さ

転職回数が多いと採用に二の足を踏んでしまう企業があるのも事実ですが、転職活動においてプラスの面も存在します。転職回数が多いということは各企業で様々な仕事を覚え、対応してきたという実績と経験があります。企業側が転職者を求めるものは、経験と実績が備わっている即戦力です。このことから転職回数の多さをマイナスだと捉える、自分の実績と経験をアピールしていきましょう。

年齢

転職活動の際、もろに影響するのが年齢です。企業が採用するにあたり年齢制限が必ず設けられています。そのことから自分の年齢がマイナス面になっている人も少なくないと思います。しかしどんな年齢であっても企業により経験者や一から仕事を覚えてくれる未経験者など求めている人材が違うので必ずマッチする企業が存在します。若年層や高年齢の制限で転職が困難だと思っている人は、様々な手段を使い多くの求人票を見比べる必要があります。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが自分にとってマイナスイメージだと思っていることは考え方一つでプラスに転じることができます。マイナス面を卑下していても転職活動は前には進まないので、プラスの考え方に変え、転職活動を行いましょう。