エステティシャンの需要と供給

ネイリストや美容師などと同じように、女性の憧れが強い職業の一つがエステティシャンではないだろうか。今回はそんなエステティシャンの仕事について探っていこうと思う。

エステティシャンの仕事内容

仕事としては、カウンセリング、フェイシャルエステ、ボディケア、脱毛、という流れである。カウンセリングでは、お客様から肌の普段のケア方法や現在の肌の状態を聞いて、これからどういう処置を施していくかを検討する。フェイシャルエステは「スキンケア」と「痩身エステ」の2種類ある。「スキンケア」は肌のトラブルを防止したり、状況を改善したりする方法で、「痩身エステ」は小顔をつくるための施術を行うことである。ボディケアは、マッサージをすることで体の中の老廃物を排出し、血流が良くなるので代謝も上がり、汗をしっかりかいてダイエットにも効果がある。最後の脱毛は文字通りで、全身もしくは体の一部分を専用の機材を使うことで脱毛する。

エステティシャンの勤務時間

多くのエステサロンは、だいたい10時から22時くらいのあいだで営業している。早番、遅番とシフト制で勤務する店舗が一般的だが、中には始業から終業まで長時間の勤務をすることになる店舗も存在しているので、自分の希望の勤務形態かどうかを求人情報で事前に調べておく必要がある。また、お客様一人一人に施術する仕事なので、相手の都合によって残業が発生することもある。さらにサロンは土日でも営業しているので、定休日があるサロンでなければ決まった休日はなく、非常に体力が求められる仕事であると言える。

エステティシャンになるためには

エステティシャンになるために、何か特別に資格が必要なわけではない。一般的なのは、美容師やネイリストなどの専門職と同じように、専門学校や養成学校に通って卒業後にエステサロンに就職するという流れである。資格は必要ないが、生身の体を扱う仕事なので、安定した高い技術と専門知識が求められるのは間違いない。エステサロンのなかには未経験の人材を受け入れて、その後の社内研修などで育成しスキルを磨いていける制度を整えているところもある。このように比較的簡単にその世界に飛び込めることから、エステティシャンへの憧れを持つ人が、他の職業から転職するというケースも少なくない。最近では、メンズエステやアンチエイジングの需要も高まっているので、エステティシャンに対する注目度も増していくのではないだろうか。